トップ

水素水で妊活をすることがおすすめ

妊活と言う言葉が市民権を得た現代の日本社会。パートナーのいる30代女性ならこどもを持つか持たないかというのは切実な問題です。それが既婚であると余計に妊娠・出産はセンシティブな問題に。今回ご紹介する30歳のY美さん、結婚3年目で妊活に本気で取り組もうとしている女性の1人です。

妊活を始める女性の多くが、初歩として妊娠しやすい体作りに気を配ります。そんな妊活の初歩として日常生活で取り入れやすいアイテムと言えばタンポポ茶やハーブティー。ただY美さんは1日の水分のほとんどを水道水で摂取していました。そこでY美さんは一先ず水道水を止め、水素水を生活に取り入れることにしました。

というのも妊活に本腰を入れるべく調べていくと、水道水をそのまま飲むというのは不妊の原因にもなる可能性があるとわかったのです。水道水はたくさんの塩素で消毒をしている水なので、健康を気遣っているミネラルウォーターや今話題の水素水などに比較するとやはり体への負担は大きくなるみたいです。

具体的に水道水と健康に良いと言われている水素水について塩素の含有量を比較すると水道水は安全確保のために1リットルあたり0.1mg以上の塩素が「残るように」決められています。一方で水素水は、そんな残留塩素を取り除けるというくらいなので塩素濃度はほとんどありません。

また水道水には発がん性物質のトリハロメタンが含まれています。トリハロメタンは発がん性物質であるだけでなく、流産のリスクを上げてしまう物質でもあります。さらに現在主流になっている塩ビの水道管からは水道水に微量ですが塩ビ素材が溶出しています。この塩ビの素材は環境ホルモンの一種であり、体への影響としては精子の減少や不妊症、性行動異常、性同一性障害の要因の1つになり得ると言われています。

こうした事情を踏まえて、Y美さんは妊活に水素水を取りいれることにしたのです。ただ妊活をする上で効果的な方法としては水素水以外にも色々な方法があります。そんな中でY美さんはどうして水素水の妊活を選んだのでしょうか。

動機には不妊の原因に「卵子・卵巣・胎盤の老化」が大きく関わっています。30歳を迎えて女性機能の老化に真剣に向き合った時、水素水のアンチエイジング効果がY美さんの心を動かしたのです。

水素水に含まれている水素を体内に取り込むことで、体内に増えている活性酸素を取り除くことができます。つまり抗酸化作用が非常に高いということです。抗酸化作用が高まれば体を構成する細胞の老化を防いでくれます。細胞の老化を防げれば、そうした細胞からできている卵巣や卵子の老化を引き留められる可能性も高まるのです。

さらに、水素水は飲むだけでなく入浴によっても肌から体内へ水素を浸透させることができるので、体内・体外どちらからも体を妊娠しやすくするサポートをしてもらえることになります。

Y美さんは妊活をするにあたって、水素水だけでなく先述したタンポポ茶や体の巡りを良くするハーブティー、ホルモンのバランスを整える食事なども試してきました。しかしそもそもお茶を飲む習慣がなかったので、毎回お茶を淹れることは難しく、結局タンポポ茶などは途中で飲まなくなってしまいました。食事の改善もある程度は現在も続けていますが、あまりにもキッチリとした妊活メニューは仕事との兼ね合いなどのために毎日続けられずにいました。

こうした中で、水素水の摂取だけはそのまま水素水として飲めること、お風呂に入れるだけでもいいという簡単さが奏功して続けることができているのです。