トップ / 効果の高い水素水の選び方

効果ありの水素水選び

水素水を日常生活に取り入れることにした人に気を付けてもらいたい点として、水素水の上手な選び方と、水素水を保管する時の容器などがあります。

先ずは水素水の選び方ですが、水素水はメーカーによって水素の含有率がそれぞれ異なっていることを念頭においてください。「水素水」と明記されていても、どれも同じ水素の濃度であるとは限らないということです。

水に溶ける水素は約1.6ppm程度なのですが、やはりこの限界近く水素が溶けている方が効果を実感しやすくなります。妊活に効果のある水素水を選ぶなら最低でも1.2ppm以上の水素量が含まれいてる水素水を選びましょう。

次に大切なのが「水素水の入っている容器」です。水素水の水素と言うのは炭酸水の炭酸と同じで「抜けやすい」状況がればどんどん大気中に放出されてしまいます。これではせっかく濃度の高い水素水を購入しても、保存の仕方が悪くて水素量が減ってしまったということにもなり兼ねません。

ですから高い効果の期待できる水素水を選ぶにはアルミパウチ>アルミ缶>ペットボトルの順で選ぶのが吉です。アルミパウチの製品が製造過程で水素が抜ける機会が少ない場合が多いので、妊活への効果を期待するならアルミパウチの水素水が容器として1番おすすめということになります。

以上にご紹介した水素水の選び方をまとめると

・水素水の水素量:水素水の効果を期待するなら、濃度は約1.4ppm以上の水素水を選ぶこと

・水素水の容器:水素分子は非常に小さいため、パッケージの素材分子が細かいアルミパウチが1番おすすめ

ということになります。さらに付け加えるなら、日本の水はほとんどが軟水なので、軟水仕様の水素水を選んだ方が体には合いやすいということが挙げられるでしょう。