トップ / 水素水の正しい飲み方

水素水の飲み方を知ろう

妊活のため普段の水分補給を水道水から水素水に変えたY美さん。ただY美さんは水素水のことについてたくさんの知識を持っているから「水道水から水素水へ!」と変えたわけではありません。妊活に効果的な水素水の飲み方や飲む量、タイミングについては無知に近い状況でした。

では妊活に効果的な水素水の摂取の仕方とはどんなものなのでしょうか?

先ずは水素水の選び方の基礎となる「水素の含有量」です。各メーカーが販売している水素水は、それぞれが水素の含有量について明記しているはずです。通常の状態において、水に溶ける水素の限界量は約1.6ppm。これは水素が水に最高量で溶けたとして0.000016%しか溶けていないということです。

現在では圧力をかけることで水素の含有量を上げている製品もあるので、体質改善や妊活で効果を上げたい場合にはできるだけ水素の量が多い水素水を選ぶことが大切です。

次に水素水を飲むタイミングや量です。水素水に含まれている水素というのは活性酸素に働きかけるわけなので、活性酸素ができそうな場面の前に飲んでおくと体が酸化し過ぎずに済みます。たとえ活性酸素ができそうな場面の前に飲めなくても、活性酸素が増えた頃合いの後から飲んでも活性酸素除去の効果には期待が持てます。

具体的に活性酸素ができやすい日常の場面では「運動中・ストレスを感じた際・紫外線を浴びた際・喫煙、飲酒の時・空気の悪い場所で過ごした時・睡眠不足の時」などが挙げられるようです。ですからタイミングとしては活性酸素が増える直前直後が効果を感じるためにはかなり良いタイミングと言えます。

では最後に水素水を妊活で効果的に利用しようと思う場合の摂取量についてです。水素水の摂取量に関しては、通常の水分と同様に1日1.5~2リットルが効果的ということです。